TOP次のページ

4 ウィンドウズでも良いの?

もちろん良いです。ただし、愛知芸大ではMACの人が圧倒的に多いし、大学にあるのもMACです。

ソフトはだいたい同じか、それ以上に選択肢が広いです。ただ私はウィンドウズも使ってましたが、メンテナンスが難しいことや、メーカーごとの仕様が微妙に違うこと、また画像処理等デザイン系の仕事をする時にMAC以上によく落ちる?場合もあったので、今はMACにしています。MACは大きく見てパソコンの中ではやや高級機種でもあります。ただ、メーカーもAPPLE1社なので、情報も入りやすいかな。今主流のOSXは、元々UNIX系のNEXTSTEPという高級ソフトをMAC用に書き換えたものです。

少しだけWindowsの話も書いておきますが、MAC選びと基本的には一緒で、もっとも重要なのがCPUです。

現在、Windowsマシンには幾つかのメーカーがCPUを作っていてIntel社のPentium4とCeleronプロセッサ、AMD社の Athlon XPというのが主流かな。

デスクトップで考えるなら、最低でも、Pentium4-2Ghz、Athlon XP-2000以上を選ぶべきでしょう。これもこれからどんどん早くなるし、MACと同じ、安くて早いものでしょうか。

CeleronプロセッサというのはPentium4のコストダウン版で、消費電力も少ないモバイル用のもも多く、最近のノートはこれが主流。体感的には決して遅くは無いです。ノートの場合、モバイルPentium4のものもありますが、単純には大きな差は無く、Pentium4がCeleronより高級で、周波数Ghz が大きい方が良いと思ってて間違いないと思います。

TOP次のページ