「棒手振り」などの行商に関する調査と、
そのデザイン性についての考察
-食と器のデザイン研究に関連して-

柴崎幸次

(愛知県立芸術大学)

Research into itinerant trade (in Japanese botefuri), and its place in community design
- Part of the study on Japanese culture, food and design of kitchen utensils. -


SHIBAZAKI Koji
As part of my research from 2000 to 2001 into the design of kitchen utensils, I investigated the itinerant trades, for example fish peddling, and how they relate to the total design of living.
I will discuss itinerant trade, which continues today as only a shadow of an important commercial reality from the Edo Era, with roots that extend back into antiquity. This trade is still an important part of local economies, a part of local community communication systems, and is one of the Japanese traditional events which continues today, even though it can be seen only in limited areas.
I will suggest that itinerant trade can have a place in modern Japanese culture, and is one way that traditional Japanese culture can be integrated into overall community designs and the total design of living.
目次
はじめに

第1章 日本の食文化とデザイン性
1.1 日本の生活文化とその現状
1.2 生活と食のデザインから関係性のデザインへ
1.3 デザイン専攻における食と器の課題

第2章 「棒手振り」等の行商について
2.1 「棒手振り」とは
(1)「棒手振り」とは
(2)商いのかたち
2.2 現在の「棒手振り」について
(1)「棒手振り」現状
(2)「棒手振り」の道具

第3章 調査の報告
3.1愛知県常滑市の「棒手振り」
(1)「棒手振り」とは
(2)常滑の棒手振りの特徴
3.2和歌山県田辺市の「引き売り」
(1)「引き売り」とは
(2)「引き売り」の特徴
3.3香川県高松市の「いただきさん」
(1)「いただきさん」とは
(2)「いただきさん」の特徴
3.4愛媛県今治市の行商
(1)今治市の行商の特徴
3.5 その他の地区の行商
(1)宇和島の行商の特徴
(2) 尾道の行商の特徴
3.6調査のまとめ

第4章「棒手振り」等の再評価
4.1 街づくりと「棒手振り」等
4.2 「棒手振り」等の再評価
4.3  おわりに

謝辞


・・・・・・・・・・・・・・・・・NEXT→
「棒手振り」などの行商に関する調査と、そのデザイン性についての考察
ー食と器のデザイン研究に関連してー